あなたの役に立ちそうな、整体・カイロプラクティックに関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色色々な視点からの情報があってこそ、様々な人に役立つのでは?と考えているのが、『整体・カイロプラクティック辞典』のサイトコンセプトです。

整体・カイロプラクティックって何?

「整体」について

「整体術」「整体法」「整体療法」ともよばれることがあり、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)の体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正と、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具にて行うことで、症状の改善や治療をおこなう民間療法です。

現在行われている整体療法は、日本の柔術などに伝わる手技療法を中心とする整体、中国医学の手技療法を中心とする整体、またオステオパシーやカイロプラクティックなど、欧米伝来の手技療法を取り入れた治療など、それぞれ独自の技術を取り入れて行われているようです。

元来は、野口晴哉(1911年 - 1976年)が古今東西の療術を統合し、その身体の操法を体系化して創始した治療法として、昭和18年から19年にかけて、「整体操法」が制定したのが始まりです。また野口は昭和31年、整体で初めて「社団法人整体協会」を文部科学省(旧文部省)の認可を受けて設立しました。

いずれにしましても、「整体師」になるための国家資格はありません。民間資格であり、学校や各団体で技術を習得し、認定される事が多いようです。

「カイロプラクティック」について

カイロプラクティックは別名「脊椎矯正療法」とも呼ばれています。
もともと、ギリシャ語の「手」「技術」という言葉を合わせた造語からきており、まさしく手を使った技術なのですね。

やはり、体の骨格の歪みやズレを主に手技を用いて矯正し、乱れている神経生理機能を正常な状態に回復させます。

カイロプラクティックは1895年にアメリカ人のダニエル・デビット・パーマーによってはじめて体系化されました。日本では、1916年に柔道家の川口三郎が初めてのカイロプラクターになり、次第に普及されました。

日本においては、整体と共に、カイロプラクティックに関する国家資格はありません。しかし、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの世界約40カ国以上の国では、国家資格として保険も適用されます。