あなたの役に立ちそうな、整体・カイロプラクティックに関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色色々な視点からの情報があってこそ、様々な人に役立つのでは?と考えているのが、『整体・カイロプラクティック辞典』のサイトコンセプトです。

あなたのタイプはどれ?

あなたのタイプはどれ? 画像●A:お年寄りタイプ
膝の痛みや慢性的な腰痛をおこしやすい。
筋力が弱く、地べたに直接座ることの多いお年寄りに多い姿勢。

●B:立ち仕事タイプ
足がつったり、ギックリ腰、座骨神経痛を起こしやすい。
ふくらはぎの疲労が強く、料理人や現場作業など立ったままでの前かがみの仕事に多い姿勢。

●C:座り仕事タイプ
首のコリや頭痛、慢性的な腰痛を起こしやすい。
お尻の筋肉が硬く、腰が丸まっている。
それをかばうために胸を過剰に張っている。
悪い姿勢で座り続ける事務作業の方に多い姿勢。

●D:正常
重心線(重力の方向)が身体の真ん中を通っており、バランスが良いため、筋肉や関節などにほとんど負担がない。

●E:ハイヒールタイプ
肩こりや身体を反らしたときに腰や背中に痛みを伴う。
お腹の奥の筋肉や、前の太ももの筋肉が硬く腰や胸を過剰に反らしている。
筋力が弱く、ハイヒールを常用している方に多い姿勢。

●F:力仕事タイプ
腰痛や首を反らしたときにズキンと痛むところがある。
身体全体に筋力があるため正常な姿勢に近い。
腰が前へやや反っている。
重いものを持ち運びする仕事の方に多い姿勢。

●G:運動不足タイプ
だるさが常にあり、慢性的な腰痛や首のこり、頭痛を起こしやすい。
身体全体の筋力がなく、背筋のS字カーブがつくれない。
常に姿勢が悪いのが特徴。
若い方で運動不足の方に大変多い姿勢。