あなたの役に立ちそうな、整体・カイロプラクティックに関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色色々な視点からの情報があってこそ、様々な人に役立つのでは?と考えているのが、『整体・カイロプラクティック辞典』のサイトコンセプトです。

カイロプラクティックで独立開業する!

カイロプラクティックで独立開業する! 画像新規開業でいったい幾ら費用は必要なのか!?
学院テクニック講師の山口先生が新規開業していらっしゃるので、在校生徒の興味は開業に関する話題などで持ちきりです。
そのような中、今月はタイムリーに『独立・開業セミナー』が開催されることになりました。
特別講師には学院理事の新渡先生をはじめ諸先生方や関連業者の方々をお招きして、場所選びからはじまる開業までの道のりについてや、地域での広告・看板の出し方などに至るまでをお話しいただきました。
実際の成功例などについてのビデオや、画像によるテナントの比較などはとても興味ぶかい内容だったとおもいます。次期卒業生のなかにも即開業を計画している生徒もいらっしゃいますので、活発に質疑応答もなされていたようです。

今回の特別講師でもある新渡先生の著書については、もうご存知の方も多いのではないでしょうか。
「なぜこの仕事を選ぶのか?!」「カイロドクター成功への道」にも開業にまつわるお話は多く登場していますので、未だ読んだことがない方は是非いちど書店でご購入ください。
この日の教室は開業を志す生徒の熱気と、外からの熱気でムンムンでしたが、今回の開業セミナー中は新渡先生のパワフルな講演で熱さも吹っ飛んでいたようです。

地域社会へ貢献するボランティア活動
さて、みなさんは覚えていらっしゃいますか?
昨年、JCDC福岡校では福岡市民のスポーツの祭典「シティ・マラソン福岡」で多くの市民ランナーをサポートするために“スポーツ・ボランティア”として大会へ参加しました。
カイロプラクティックという手技療法を通じて地域社会へ貢献するといった目的で、半ば押し掛け参加のような形でしたがレース終了後には実に多くの市民ランナーの方々から感謝のお言葉をいただいています。今後カイロプラクティック療法の可能性を感じさせるような素晴らしい一日であったといえるでしょう。  その大会からおよそ8ヶ月、JCDC福岡校では今年の地域ボランティア活動についての計画中に大会関係者の方から1本のお電話がありました。
いろいろと昨年のこと等についてお話しをすると、なんと今年の大会は運営サイドから学院へスポーツ・ボランティアとして大会サポートを正式にお願いしたいとの申し込みをいただきました。
在校生には最新NEWSとして伝えられ、学内では2005スポーツ・ボランティアのチーム結成の話しも進んでいます。
現在の福岡校ではスポーツ・ボランティア以外にも地域の老人施設で働く方を対象にカイロプラクティック・ボランティアや、地域公民館などでのボランティア健康相談室など様々な活動を実施しています。
また、この様な大きな大会サポートの声をかけていただくのは非常に光栄であり、地域の方々や地域医療へ少しでも貢献できることはカイロプラクターとしての喜びだと言えるでしょう。